病気のおかげで健康管理、生活の見直し

腸内環境が悪く、便秘がちで、仕事も食事の時間も不規則で、
という具合に悪循環のループで便秘が本当にひどくなってしまい、
大腸憩室炎になってしまいました。
お腹も痛いし、血便も出るし、とっても反省しました。

腸内環境はすぐには良くならないので、生活を見直す事から始めました。
仕事が不規則なのは仕方ありませんが、休憩の時間を利用して、
食事をしたり、トイレを我慢しないようにするなどしました。

仕事を理由に、水分も余り取らない習慣になってしまっていたので
それも気を付けるようにして、なるべく水分をこまめに取るように
しました。

トイレに行く回数は増えましたが、職場の人には「それが普通で、
今までが我慢しすぎと言うか、トイレ行かなさ過ぎだったんだよ」と
言われました。

仕事を一生懸命していても自分の健康を壊してしまっては、何の意味も
ありません。
職場の人には「ちゃんと自分で自分の健康管理するのも仕事のうちだよ」と
言われてしまいました。

仕事中に水やお茶を飲むのはサボってるわけではないし、便秘対策
だけではなくて、熱中症対策にもなるし、基本水分は取らないと
いろいろと病気を引き起こすかも、と思うとこまめに水分を
とろうと思いました。

病気をした時は、便秘が原因でこんなに痛くて辛くて情けなくて
最悪でしたが、病気のおかげで生活の見直しが出来たので、
良かったと思っています。
今はもう便秘で苦しい思いをする事も無くなったので、快適です。

腸内環境を良くする事で便秘解消&体重減

私が腸内環境をよくするために行っていることを紹介します。
私は以前は全く腸内環境のことなど気にも留めず過ごしてきました。

しかし長い便秘から始まり吹き出物が出来たり常にお腹がはっている
ような感覚などがあり、そろそろきちんと身体の事を考えないと
いけないなと思い始めた事がきっかけで腸内環境の為に良い事を
行うようになりました。

まず毎日かかさず行っている事は毎朝のヨーグルトを食べることです。
特に乳酸菌がたくさんはいった機能的なヨーグルトを食べるように
しています。

また納豆も良いと聞いたので家で昼食をとる時は必ず納豆を食べる
ようにしています。毎日欠かさず続けるのは最初は大変でしたが
日課になるとそれが当たり前のようになりました。

欠かさず行ってまず一番に現れた成果は今までだったら3日に1回だった
お通じのスパンが段々短くなってきたことです。
いまでは毎日快便といえるまでに改善しました。
また便秘が解消したのと共に吹き出物も出なくなりました。
その時私は「腸内環境が悪かった事で吹き出物が出来ていたんだな」と
痛感しました。

便秘が解消した事は他に色々なところに良い影響をもたらしました。
まず体重が2キロ減った事です。腹回りもサイズダウンし、今では
ワンサイズ小さいズボンがはけるようになりました。
たかが腸内環境されど腸内環境です。

改善を意識するだけで、腸だけでなく様々な良い事が現れてきますので
腸内環境を整える事は本当におすすめです。

腸内環境を整えるために毎日ヨーグルト

日頃から朝、起きると胃がムカムカして朝から気分が悪い日が
続いていました。当時、その原因に考えたのは毎日、多忙な
仕事で蓄積するストレスで過食になったり偏った栄養バランスの
食生活を送ってきた事が原因と思ってきました。

そして、そんな生活を長らく続けてきた所、健康診断で
引っ掛かってしまいました。健康診断で再検査をする事となり、
自分の健康状態が悪化している事を知り、健康状態を改善する事に
しました。

昨今、健康ブームでTVでも健康に関する番組も人気で、よく健康に
良い番組を私も見るようになりました。
その中で、気になったのが腸内環境が様々な身体的・精神的にも影響を
与えている事実に驚きました。

腸内環境(腸内細菌)の状況によっては病気に繋がる事も昨今医学的にも
解明されてきました。
最近ではヨーグルトに含まれる細菌によりインフルエンザ予防になったり、
便通が良くなったり、悪い細菌をやっつけてくれる効果も知られてきました。

また、副産物として胃の調子が良くなり精神的にも安定しやすくなる事も
あるみたいで、実際私もヨーグルトを日常的に摂取してからは
朝の胃もたれや精神的な落ち込みも少なくなりました。

また、インフルエンザ流行時期にも積極的にヨーグルトを摂取してきた結果、
インフルエンザにもかからなかったです。
腸内には数え切れないいくつもの身体に悪い細菌や身体に良い細菌が
様々生息しているだけに、これかもヨーグルトなどで身体に良い細菌の食品を
食べるなどして上手く腸内環境を整えて心身共々健康的に過して行きたいです。

人によって違う腸内環境、自分にあった方法を探そう

腸内環境は人によって全く違うと思います。
私は、朝食後に便が出て軟便になることはほとんどありません。
お腹を壊したり、ひどく冷えた時ぐらいしか下痢になることはないです。

しかし、旦那は毎朝トイレの中に5分以上入っています。
いつも、軟便のようでお腹が痛くなるそうです。
毎日同じ食事をして週に1回以上はスポーツをしているのですが、
どうしてここまで違うのだろうと思います。

旦那の便通を改善するために、毎日牛乳を摂るようにしました。
しかし、お腹をくだしてしまうようです。
もともと、食べ物に対してのアレルギー症状がいくつかあるため、
牛乳の摂り過ぎはよくないようです。

しかし、腸内環境を良くしたいので、生きて腸まで届くような
乳酸菌を摂る事にしました。しかし、特に変化は無いようです。
その時は、そこまで困るような軟便でもないので気にするのをやめました。

すると、やはり朝のトイレが長くなり、痛いと言うようになりました。
その事から、便が出なくなるよりも、牛乳を摂りながら便を出す方がまだ、
体には良いのかもしれないと思い、牛乳を日々飲むようにしました。

すると、牛乳も自然と飲めるようになり、腹痛も減っていきました。
最初は、牛乳でひどく腹痛を起こしていましたが、今は一日3杯飲んでも
大丈夫です。便も快調なようなので、体質改善がされてきたのかと思います。
人によって腸内環境は違うので、自分に合った方法を見つけるまでが
大変ですが、体のリズムや色んな方法を参考にすればきっと見つかると思います。